いつのまに

そこはかとない気持ち

closet

今季はまだ
衣替え
していません


街を見まわしても
そんなに厚着の
女性はいないです



でも今日


ちょっと
冷たい風
吹いてる


そろそろ
やるか~


closetの上段


ふあふわ や
もこほこ の
せーたー &
かーでぃがん


出番まってる?
うんうん
わかった♡


出したら きっと
こう思う


こんなん持ってたっけ?
(苦笑)


記憶に残ってないのも
ひとつやふたつ・・・
出てきませんか??


いっそのこと
それを楽しみに
開けてみようと
おもいます♬



~*~*~*~*~*~


予定通りの
仕事で
彼のいる社屋へ


きょうは


逢えますように と
祈らずに
むかう


なのに
居る


おーーい
顔出すなら
なぜ
知らせない?


まあ
わたしも
だまって
来たけれど


その上
いきなり
話しかけられる


持ってたペン
バラバラ~~って
ハデに
落としちゃった!!


私じゃなくて
彼のが動揺?


死角の席に座り
背中越しに
聞く声


ひさしぶりだ
こんな気持ち


だから
私はわたしを
騙しにかかる


ちちん ぷいぷい


痛いの痛いの
飛んでゆけ


お空の向こうに
飛んでゆけ


振り返ったら
別の人
知らない誰かに
変身してるはず


ほら もう
なんともない


そうでしょう?


泣きたいなんて
気のせいだって