いつのまに

そこはかとない気持ち

海はひろいな

小さい頃は


海が青いのは

空が青いから


海が灰色なのは

空が曇ってるせい


そう思ってた


けど


浜辺で

足元の波は

寄せては帰るせいで

いつも泡立っている

海水のホントの色はよく見えない


遠くの海

うんと向こうの

水平線のギリギリまで

船が行ってしまったら


ストンーと消えてしまうんだよ

誰かがそう言ってた

有名な話?


小高い丘の

少し離れた所から

海を眺めてみたら


ホントの色

空の色が映っているのかどうか

海を渡る風の強さ

凪いでいるのか

荒れているのか


近くで見るより

わかるかもしれない


海はひろいな

自分の立ってる所からは

全部は見えない