いつのまに

そこはかとない気持ち

里帰り

なにも出来ない
夫なのよね…
笑って嘆いてた


月曜から金曜まで
ひっそりとした
彼女のおウチ


でも土日はーーー
年老いたご主人のご両親
遠方からやってきて


洗濯を干したり
お庭の手入れをしたりと
ご主人と共に黙々と作業してました



家族とはーーー


私が病気になったら
誰が癒してくれるの?
よりも


私がいなくとも
みんなが変わらず元気で
いてくれること...に
想いは尽きる


なった時に考えよう。。。では
すまされない年頃なんだもの
折に触れて考えている


子供たちを養い
それぞれの親を敬い
家庭を守るのは
紛れもなく
夫なのだ


※キチンと遂行できるか
否かは別だけど...う~ん


『私の大切』を託せる人
夫もまた
私にとっては
大切なパートナー


そう おもう


~*~*~*~*~*~


退院しても
しばらくは
自宅へは
戻らずに
里帰りになるゎ
お産以来ね〜と笑う


彼女の頬は
ほっそりと
その輪郭は
ひとまわり
ちっちゃく
なりました


ウソウソ‼️
夫婦げんかして
戻ったこと
あったじゃないのっ


そんな会話も
できました


「とりあえず・・・なんだけどね、
大丈夫だから!」
そう言ってくれて
ありがとう


きっと彼女は
大丈夫じゃなくても
そう言うと思ってた


気配りの人だから


今月中の里帰り
首を長くして
待っています



和食を創る彼のこと


これから先
これ以上は
知ることはない
訊くこともない


でも やっぱり
彼も
待っていて
くれたら
いいのにな


そう おもう