いつのまに

そこはかとない気持ち

早起き


まだ誰も
起きてこない
薄暗いリビング


少しだけ
カーテンをあける


毛糸玉みたいな
女の仔だけが
わたしに気づいて


手のひらにのせた
四角い画面
一緒に覗き込む


黒い画面いっぱいに
映っていたのは


ベランダ越しの
朝焼け雲だった


空はもう
活動開始


泊まり勤務中の☆さん
もう起きているはず
『おはようございます』と
だけ送る
仕事開始前に
気づいてくれたら


「おはよう 昨夜は静かな夜でした」
朝の身支度しながら
嬉しそうな返信


これで おしまい
これで じゅうぶん


だから
朝焼け雲の写真は
送らなかった


もし朝から
元気なかったら
苛々していたら
送ろうと思って
撮っておいたけど


またの機会に・・・


でも
そんな機会は
ないほうが
いいかな?