いつのまに

そこはかとない気持ち

その駅は


両端どちらかに立つとわかる
緩やかな弧を描いてるホーム


彼のベストポジションは
私の位置から遠くはなれた
〇番あたりだと言ってたっけ


そのことを思い出した日


自分の立ち位置から
反対ホームの前方を


視線は弧を描かず
まっすぐの最短距離で
目を凝らして視てみた


あ~ やっぱり
判別不可能
〇番は遠い~ゎ
ここからじゃ
見つけられない、、、ね



*~*~*~*~*~*~*



プラットホームのホームは
ずっと『home』と思ってて


電車のオウチなんだなって
解釈してた昭和の子供時代


じゃあプラットは?
そこは考えっこなし(笑)


今のわたしは
ちょっと弱気の思考
でも気持ちは穏やか


あの頃がなつかしく
戻りたいとさえ思ってしまう


子供の頃から
いまでも
この路線
ずっと好き


そんなことを
ぼんやりと



*~*~*~*~*~*~*



「あ!」だけで
 どうして?
(分かったの?)


・・・残業した日の
帰りの電車さぁ
(私の乗車位置の)
真ん前にわざと
並んでみたりしてな
まぁ毎回じゃないけどな・・・


さらりと言う


言ってくんなきゃ
わかんないよ!


・・・イチイチ言うことか?・・・


ふわりと笑う



ささやかな
愛情表現?
気まぐれ?


どっちみち


数か月に一度
あるかないかの
そんな偶然のために



なんて可愛い